「む」の境地

欲望に正直に。琴線に触れるものを愛して。

映えたいなら行こうよ、蔵前。

浅草の南側にある蔵前。

一大観光地として名高い浅草と比べれば知名度は低いですし、街の印象がパッと思い浮かぶ人は少ないと思います。上の世代の人たちであれば「かつて国技館があったところ」くらいでしょうか。

 

そんな蔵前、最近はビルをリノベーションしたオシャレなお店が徐々に目立ってきていて、個人的にも東京で一番ホットな街だと思っています。

まだまだ開拓しきれていませんが、ここのところ行ったお店もなかなか良いところだったので。

 

①RIBAYON(リバヨン)
f:id:musan_tr_gh:20180805215903j:image

隅田川を見下ろすテーブル席と、クッションに座るお家のような雰囲気と、なぜか鎮座する卓球台がトレードマークのお洒落なバー。

お酒の種類が多く迷っちゃいますが、僕はメニュー表の写真に惹きつけられるようにクラフトビールを。


f:id:musan_tr_gh:20180805220953j:image

ビールなのにこんなグラスで出てきて、後ろは隅田川で、本当はその後ろにスカイツリーが見えてて(全部入れ込んだ構図の写真は見栄えが悪くて却下w)、なかなか良いところでした。

 

ちなみにこのお店の入居するビルは各フロアともリノベーション物件のようでした。やや年季の入ってそうな廊下を通って、雑居ビル感満載の重たい扉を開けた先にあるオシャレな空間、とてもオススメです。

 

②h concept (アッシュコンセプト)
f:id:musan_tr_gh:20180805221946j:image

アッシュコンセプトというのは正確にはここの商品を作る会社?だったと思いますが(そこら辺の情報が雑)、とにかくまあここの雰囲気が好きだし扱っている商品が個性的でとても興味深いです。

 

基本的にはキッチン用品とかの生活雑貨を売っているようなお店です。

なかでも印象に残ったのが、シュールなクッズの数々。


f:id:musan_tr_gh:20180805222801j:image

 

これは、カップ麺のフタを押さえることだけに特化したもの。

あと写真を撮り忘れましたが、顔をモチーフにしたむにむに触感の何か(雑)がありました。

まあ、気になったら直接見に行けば良いと思いますよ(雑)


f:id:musan_tr_gh:20180805222825j:image

ちょっとだけカフェスペースも併設しています。いちいちオシャレだなぁ。

 

その他にも、カフェの燕(en)とか、ダンデライオンチョコレートファクトリーとか、まだ足を運んでいないお店もあるので、ちょっとずつ進出できればと思っております。一緒に開拓してくれる人は常に大歓迎ですよ(心の声)

 

(訪問日:2018年7月21日(土)&8月4日(土))