「む」の境地

欲望に正直に。琴線に触れるものを愛して。

「楽しいスポーツ」は実現可能か

僕は運動神経がとても悪く、人並みに出来るスポーツがなかなかありません。でも、スポーツは好き。テレビを見るのももっぱらスポーツ中継です。

 

そんな自分が日々生活をしていて、とても引っかかることがあります。

 

「日本には、"楽しく"スポーツをやれる環境があまりにも欠如しているのではないか」

 

多くの人がスポーツに触れるのは中学や高校の部活。子供の頃外で活発に遊んでいても、部活動における「勝つためのスポーツ」について行けないと、10代半ばでスポーツをする機会を失ってしまいます。

 

大学では一見すると楽しくスポーツをやる機会があるようにも見えますが、基本的にはセミプロ的な部活と、飲みサーの二項対立。しかもいずれにせよメンバーは中学や高校でそのスポーツに触れているか、いきなり初めてもついていけるだけの運動神経がある人。

どちらにしても、「運動が得意ではないけど運動するのが好き」という自分のような人間にはあまりにも生きにくい社会のように感じます。


余談が長くなりましたが、最近では"楽しく"スポーツをやる場所を提供しようとする動きもあるようで、先日はその一つと言える個サル(個人参加のフットサルに参加しました。そこから考えたことを書いていこうと思います。

 

www.sumidacity-gym.com

 

先日友人に誘われて、墨田区総合体育館でフットサルをやってきました。
個サルはその名の通り個人参加がベースなので、チームのその時集まったメンバーで即席で作られます。

 

レベル分けがなされていて、ここでは「ジョイサル(=初心者に合わせたルール)」「ガチサル(=本気の試合)」が設定されているので、もちろん自分は前者へ。

 

しかし…

 

ここで序盤の話につながる問題が露見します。
そもそも休日にお金を払ってフットサルをしようという人に、"初心者"はなかなかいません。

 

初心者でも楽しめるというコンセプトであっても、試合が始まればどうしても孤立。もちろん他の参加者も趣旨は理解しているので、ついて行けないと分かれば優しいパスをくれることもありますが、彼らにとっての優しいパスさえも自分たちにとってはしんどくなってしまいます。

 

「明らかに孤立してるな」「陰で『なんだアイツは』って思われてるんだろうな」

 

それは、運動の苦手な人が体育の授業で感じる感情そのものです。僕も、中学時代の体育の授業でバレーボールをして、ボールを触ったらスポーツが得意な男子から「出しゃばるな」と言われたことを不意に思い出してしまいました…

 

とはいえ、これまでなら仲間を5人集めなければフィールドに立つことさえ叶わなかったことを考えれば、格段にハードルを下げてくれる存在であることは間違いありません。

 

より広く、本当の意味で開かれたスポーツの場になるには何が必要なのだろう、、、

とにかく、下手な人でもスポーツから離れる必要のない、運動音痴にも寛容な社会になればな、と思っております。

 

(個サル利用日 2018年6月9日(土))