「む」の境地

欲望に正直に。琴線に触れるものを愛して。

バーニー・フュークスに魅せられて

最近、初めて「好きな画家」というのができそうです。

バーニー・フュークス。まあ画家というよりはデザイナーなんですが、彼の"構図”にハマりまして、1月の頭に展示を見に行ってきました。

 f:id:musan_tr_gh:20180212172104j:image

 

場所は渋谷のbunkamura。今までちゃんと中をのぞいたことはなかったのですが、渋谷の駅前のイメージからは想像がつかない、ハイソな空間だったように感じました。

こういう空間が似合う男になっていきたいですね。

 

さて、そんなバーニー・フュークスの絵画。冒頭に述べた通り構図に特徴があります。

f:id:musan_tr_gh:20180212173345j:plain

http://www.art-obsession.co.jp/c-archive/1014 より

f:id:musan_tr_gh:20180212173500j:plain

https://spice.eplus.jp/articles/161601 より

 

とにかく、ちょっと変なんです(笑)

「この絵の主役は誰なの?」という疑問は、必ず浮かんでくると思います。どうしたらこんな構図が浮かぶのか。ある意味羨ましい限りです。

 

野球やゴルフなどスポーツの作品が多いですが、構図に中心に選手がくることはありません。

それどころか、選手は豆粒のような大きさでしか描かれません。

この独特な構図にハマってしまいました。

 

ジャンルは違えど、北極視点の世界地図を家に飾る自分のような人間にとっては、ピタッときちゃったわけですねぇ。

musan-tr-gh.hatenablog.com

 

 毎週好んで見ているテレビ東京の「美の巨人たち」で取り上げられて引き込まれたバーニー・フュークス

これからも独特の視点を持つアーティストに出会っていければと思っています。

 

(展示会訪問日:2018年1月6日)