むーさんは外を向く

欲望に正直に。琴線に触れるものを愛して。