「む」の境地

欲望に正直に。琴線に触れるものを愛して。

名古屋の魔境、城北線

日本全国にはたくさんの鉄道路線があり、その中には「正直なんで走ってるのかな」と思わずにはいられない路線が存在するのも事実。

 

名古屋を走る東海交通事業城北線もその一つだと思います。

 

「え、そういうのって北海道のローカル線とかじゃないの???」

そういう人もいると思います。まあ見ていてください。

 

城北線の起点は春日井市にある勝川(かちがわ)駅。名古屋駅からは中央線で20分ほどです。

 

名古屋の、とかいう書き出しにしましたが春日井市でした。そんなん知らんわ。

 


f:id:musan_tr_gh:20180901092927j:image

サボテン日本一‥知らんわ‥

 

中央線の勝川駅とはなぜか少し離れていて、外を歩かされます。生憎の雨だったので結構しんどいです。


f:id:musan_tr_gh:20180901093228j:image

あと100mくらい高架線を延ばしてくれたらもうちょい何とかなったと思うんですよ。そういうとこだよ。嫌いじゃない。

 

時刻表を調べないで行ったんですよ。まあ名古屋だし、ゆうてもそこそこの本数あるんでしょ?と思いまして。

 


f:id:musan_tr_gh:20180901093451j:image

着いたのは8:59。

次は35分後?1時間に一本???

やられました(笑)

 

気長に待ちましょう。

 


f:id:musan_tr_gh:20180901100559j:image

この駅名標を見て、勘の良い人なら気付くと思いますが、東海交通事業JR東海の子会社です。

だからこそこのギャップが尚更すごいですね。

 

20分ほど待って、やっと列車がやってきました。


f:id:musan_tr_gh:20180901104911j:image

1両編成のディーゼルカー

ここは名古屋の近郊だぞ?後ろに通ってるのは名古屋高速だぞ??ここは三重県の山奥じゃないんだぞ???(失礼)

 

ここから、名古屋駅から東海道線で一駅のところにある枇杷島駅まで、20分ほど揺られます。

散々ディスりましたが、なんだかんだ良いですよね。このロケーションで1両編成の列車なんて乗れないし。

 

でもね、

一言だけ言わせてください。

 

旅情がない!!!

 

ここが田舎なら良いんですよまだ。

20分間のほとんどが、右手に名古屋高速、左手に住宅街という風景が延々と続きます。

 

果たしてこの路線、物好き意外のどこに需要があるのでしょうか(笑)

乗ってみてますます不思議になりました。

 

終点の枇杷島駅は、東海道線の駅に間借りした感じのこぢんまりとした駅。

城北線には切符がないのに最終的にJRの改札から出る必要があるので、降車証明書なるものをもらいます。


f:id:musan_tr_gh:20180901110255j:image

 

こういうものはなかなか貰う機会がないので、ちょっとテンションが上がりました(笑)すぐ回収されたけど。

 

ちなみに勝川から枇杷島の運賃は440円。名古屋乗り換えのJR線だと320円で行けるのにねぇ‥

徹頭徹尾、謎の路線です。

桃花台新交通みたいに、あっさり廃止にならないでね。

 

(訪問日:2018年9月1日(土))

はじめてのインド・その2

インド振り返り2記事目。前回はまさかのインド入国前で終了しました(笑)

 

musan-tr-gh.hatenablog.com

出発の遅れもあり、デリーのインディラ・ガンジー空港には定刻より30分ほど遅れて到着。

空港から宿泊先のホテルへの道中からなかなかインパクトがあった。

 

どこから持ってきたのかよくわからないスピーカーを搭載して爆音で音楽を流す車、ガンジス川の水?をリレーして運ぶ人々。それはそれはインパクトの強い光景でした。やっとインドに降り立ったことを実感。


f:id:musan_tr_gh:20180818233152j:image

(写真は翌朝のもの)

 

ちなみに日本とインドの時差は3時間半。これが絶妙に気持ち悪い。

アメリカみたいに昼夜逆転レベルならもう諦めもつくのですがねえ。というか30分単位の時差って何??計算しにくいわ!笑

というわけで、翌朝は4時に起きてしまいました。日本時間なら普通に起きている時間というのもありますが、例の爆音走行カーが夜通し走り回ってたというのもありましたねw

 

滞在中はほとんど仕事だったもんで滞在中の詳細は割愛しなきゃいけないのですが、それでも印象的だったところをいくつかピックアップしていきますね。

 

①牛

なんといってもハイライトは牛。

渡航前、インド事情について無知だった僕は正直、「『インドでは普通に牛が歩いてる』なんて、『日本に行けばサムライに会える』みたいなもんでしょ?ステレオタイプでしょ?」と、完全にナメておりました。


f:id:musan_tr_gh:20180818231650j:image

いやー、すごい…

ガリガリな牛の大集団です。

さすがにこのレベルの集団に遭遇したのは1度きりでしたが、牛自体は誇張なしにそこら中でほっつき回っています。デリー周辺でこのレベルなら、田舎に行けばもっとすごいんだろうな。。

 

犬もいっぱいいます。やっぱりガリガリです。

現地の人の話だと、たまに狂犬病で目が逝っちゃってる人がいるらしいですね。実際見てないから知らんけど。

犬かと思ったら豚が出てきたこともありました。

f:id:musan_tr_gh:20180818233219j:image

でも、数としては牛が圧倒的に多かったです。

 

②四つん這いピカチュウ


f:id:musan_tr_gh:20180818233429j:image

いや、あの、説明するまでもないと思うんですがね。

デリー市内のショッピングモールにいました。

実態は日本のデパートの屋上とかにもよくある、お金入れると数分間動くアレです。決して着ぐるみを着たオッサンが四つん這いしているわけじゃありません。

 

③インド感の薄いカレー

諸般の事情により、滞在中カレー屋には一度しか行きませんでした。

日本領事館の近くのお店へ。

インドの一般的なランチタイムが13時頃からのところ12時頃に入店。おそらくその日の初客でした。


f:id:musan_tr_gh:20180818235407j:image

そのあと来店した客は、日本人、日本人、また日本人‥??

おそらく、日本人ツアーの定番コースなんでしょう。台湾小籠包でいうところの鼎泰豐(ディンタイフォン)と同じような位置付けですね。←伝わりにくい例え

 

良いんだか悪いんだか、日本人の口にはよく合う味でした。慣れない味で腹壊すのも覚悟の上だったので、あれあれ?という感じでした(笑)

 

あと1本くらい、インドネタで引っ張ります。

 

(インド滞在期間:2018年8月8日~11日)

はじめてのインド・その1

インドってなんか、すごい国ですよね。

 

だって、「インド行きます」って言ったら、大体の人は「お腹壊さないでね」って言ってきますよね。あれびっくりじゃないですか。

インドで食べ物といえばカレーだし、学問といえば数学だし、映画といえばなんだかよくわからないけどとにかく踊ってる。

もちろんそこにはステレオタイプが多分に含まれているはず。でも、さすがに日本のイメージとしてサムライ・スシ・ゲイシャと言われるかと言われればさすがにねぇ‥でも実際のところどうなんでしょうね??

 

とにもかくにも、そんなインドへ初めて足を踏み入れました。仕事だったので、観光はほとんどありませんでしたが(笑)

 

スタートは8月8日。台風が関東を直撃した日です。

強風吹き荒れる滑走路に不安を感じながらも、チェックイン。今回はJALサクララウンジが使えました。

f:id:musan_tr_gh:20180817202514j:image


f:id:musan_tr_gh:20180817202848j:image

デリー行きのJAL便は成田11:50発と離陸のピークは少し外した時間帯なので、ラウンジは割と空いてます。

 

サクララウンジといえばカレーなので、とりあえずカレーを食べます。名物なんだそうです。インドに行く前に日本でカレー食うの?という思いも一瞬よぎりましたが、結局食べました(笑)


f:id:musan_tr_gh:20180817203309j:image

あまりお腹空いてなかったので地味な配置になりましたが、本当はもうちょい豪華に食べられます。お酒も飲めます。ビールサーバーもあります。(インド到着後も仕事があったのでパスしましたが)


f:id:musan_tr_gh:20180817203457j:image

サクララウンジの話が長くなりましたが、結局フライトは台風の影響もあり、13時過ぎにやっと飛びました。

 

デリーへのフライト時間は約8時間強。ということで、映画を観ます。

自分には謎のこだわりがあって、海外へ行くフライトではなるべく日本語に触れないようにしています。

 

とはいえJALのフライト。インドの映画なんて入っているのでしょうか、、?

 

‥ありました。1本だけ(笑)

【Newton】 : ポポッポーのお気楽インド映画

原語はヒンディー語、字幕は英語で観ました。もちろんヒンディー語は分からないので、字幕の英語を必死に追うことに。

 

ストーリーを全部追えたかと言われると何とも微妙なところですが、あとで調べてみたらなんとなく理解はできてたみたいです(笑)

やはり、国際線乗ったらちょっと特別なことをしたくなりますよね。

 

そうそう、このnewton、インド映画ですがダンスはないですよ(笑)

インド映画は常に踊ってるみたいなステレオタイプは自分も持っていましたが、そうじゃないよ、とJALさんに教えてもらった感じでした。

 

ちなみに英語音声のときは字幕を付けないようにしてます。こっちの方が正直しんどいです(笑)

 

さて、インド入国前にそこそこの文章量になったので続きは次回に回します。仕事で行ったので、現地の内容は薄いと思いますが。

 

(フライト搭乗日:2018年8月8日(水))

映えたいなら行こうよ、蔵前。

浅草の南側にある蔵前。

一大観光地として名高い浅草と比べれば知名度は低いですし、街の印象がパッと思い浮かぶ人は少ないと思います。上の世代の人たちであれば「かつて国技館があったところ」くらいでしょうか。

 

そんな蔵前、最近はビルをリノベーションしたオシャレなお店が徐々に目立ってきていて、個人的にも東京で一番ホットな街だと思っています。

まだまだ開拓しきれていませんが、ここのところ行ったお店もなかなか良いところだったので。

 

①RIBAYON(リバヨン)
f:id:musan_tr_gh:20180805215903j:image

隅田川を見下ろすテーブル席と、クッションに座るお家のような雰囲気と、なぜか鎮座する卓球台がトレードマークのお洒落なバー。

お酒の種類が多く迷っちゃいますが、僕はメニュー表の写真に惹きつけられるようにクラフトビールを。


f:id:musan_tr_gh:20180805220953j:image

ビールなのにこんなグラスで出てきて、後ろは隅田川で、本当はその後ろにスカイツリーが見えてて(全部入れ込んだ構図の写真は見栄えが悪くて却下w)、なかなか良いところでした。

 

ちなみにこのお店の入居するビルは各フロアともリノベーション物件のようでした。やや年季の入ってそうな廊下を通って、雑居ビル感満載の重たい扉を開けた先にあるオシャレな空間、とてもオススメです。

 

②h concept (アッシュコンセプト)
f:id:musan_tr_gh:20180805221946j:image

アッシュコンセプトというのは正確にはここの商品を作る会社?だったと思いますが(そこら辺の情報が雑)、とにかくまあここの雰囲気が好きだし扱っている商品が個性的でとても興味深いです。

 

基本的にはキッチン用品とかの生活雑貨を売っているようなお店です。

なかでも印象に残ったのが、シュールなクッズの数々。


f:id:musan_tr_gh:20180805222801j:image

 

これは、カップ麺のフタを押さえることだけに特化したもの。

あと写真を撮り忘れましたが、顔をモチーフにしたむにむに触感の何か(雑)がありました。

まあ、気になったら直接見に行けば良いと思いますよ(雑)


f:id:musan_tr_gh:20180805222825j:image

ちょっとだけカフェスペースも併設しています。いちいちオシャレだなぁ。

 

その他にも、カフェの燕(en)とか、ダンデライオンチョコレートファクトリーとか、まだ足を運んでいないお店もあるので、ちょっとずつ進出できればと思っております。一緒に開拓してくれる人は常に大歓迎ですよ(心の声)

 

(訪問日:2018年7月21日(土)&8月4日(土))

そば食べて、亀戸線にも乗らなくちゃ。

台風の予報でしたが、なんとなく気になっていたそば屋さんへ行ってみました。

 

東武線の曳舟駅の構内にある「すたんど そば助」さん。

鶏だしをメインにしているお店です。なかなか珍しいと思います。

f:id:musan_tr_gh:20180728145233j:image

味はあっさりとしていて、上に乗っている鶏肉がとても美味しかったです。

そのままでも十分美味しいのですが、「正しい食し方」があるみたいです。

f:id:musan_tr_gh:20180728145536j:image

あっさり味を楽しんでいるところに唐辛子ってどうなの?とも思いましたがやってみました。

かなり味が変わりますが、こっちも美味しいです。

f:id:musan_tr_gh:20180728145751j:image

「ちょい飯」も追加発注。

汁の色が全然違うでしょう。これが激辛ごま唐辛子の影響です。

 

総じて美味しかったです。

これだけ個性的な駅そばのお店もなかなかないのでは。

他の駅にもあるみたいです。

 

さて、このそば助さんは駅構内のお店です。

そばを食べるために入場券‥というのもアレなので、このまま電車に乗り込みます。

f:id:musan_tr_gh:20180728150452j:image

東武亀戸線

都心にありながら2両編成の列車が行き来するだけの質素な路線です。

 

というわけで、亀戸までやってきました。

f:id:musan_tr_gh:20180728150830j:image

めったに降り立たない駅。駅前の風景もなかなかディープです。なんか、典型的な地方都市にいるような店舗ラインナップでした。

駅前のアトレの建物も、ずいぶん年季入ってるなぁ。

 

今日の行き先に亀戸を選んだ理由が「はせがわ酒店」さん。

 

f:id:musan_tr_gh:20180728151236j:image

都内にいくつか店舗があるもののこちらが本店とのことで、亀戸散歩も兼ねて寄ってみました。

日本酒売り場は温度2℃とのこと。めちゃくちゃ寒い!数分いたら足先がだいぶ冷えました(笑)

 

台風が近づいてきちゃったので今日はここらへんで。

 

(訪問日:2018年7月28日(土))