「む」の境地

旅の仕方は人それぞれだから

【油津商店街】油津の街は、本当に「奇跡の商店街」なのか?

宮崎県日南市の油津へ行ってきました。

 

お目当ては、油津の岩崎商店街。

もともとシャッター街だった通りにIT企業のサテライトオフィスなどを誘致して雇用と人通りを生み出したことで「奇跡の商店街」と呼ばれているところです。


f:id:musan_tr_gh:20181224142440j:image

宮崎市内や宮崎空港からは1時間半~2時間程度。決して交通が便利とはいえない場所にあります。

 

商店街の"顔"となったお店たち

この商店街が面白いと言われる理由はいくつかあると思われますが、まず一つ目は、商店街の雰囲気を変えたオシャレなお店たちの存在。


f:id:musan_tr_gh:20181224152456j:image

この街のリノベーションの先駆けとなったABURATSU COFFEE。単線のディーゼルカーに1時間半揺られてきた街でパンケーキを食べるとは思わなかった。


f:id:musan_tr_gh:20181224152937j:image

ゲストハウスfan!

開業当初は学生主体での運営からスタートし、今はベンチャー企業が運営を引き継ぐというこれまであまり見ない形態のゲストハウス。東京のゲストハウスnuiを彷彿とさせるオシャレな内装に目が行くものの、地元の人も出入りするバータイムが旅人の楽しみにもなります。

 

商店街内にはあぶらつ食堂という新しい飲食店街もあり、夜暗くなりがちな商店街にアクセントを与えています。

 

実際に足を踏み入れて分かったこと

ここ数年「地方創生」が声高に叫ばれる中で、この油津の街は成功事例として取り上げられ、県外からの視察も多いとのこと。

 

オシャレなお店、イベントで賑わうアーケード、カープの街としての様々な取り組み‥

メディアを通じて発信される油津の商店街は、いつも多くの人で溢れています。

 

しかし今回の滞在を通じて僕が気づいたのは、

そんなに賑わっていない

ということでした。

 

しかしこれは油津の取り組みを否定するものではありません。ましては失敗などと言いたいわけでもありません。

むしろ問題なのは、"成功事例"としての取り上げ方が少しズレているために、これから成功に持ち込もうとしている人たちに誤った印象を与えているのではないか?ということです。

 

普段は閑古鳥でも、どこかに未来がありそう


f:id:musan_tr_gh:20181224154837j:image

キラキラした記事ばかり見ていると意外に思えるかもしれませんが、この写真を撮ったのは日曜日の午後です。人通りはまばら。きっと、他の地方の商店街とさほど変わらないのではないでしょうか?

 

それでもなお、この街に希望が持てると感じたのは、"日常"がそこにあったから。

近所ならたこ焼きを焼いて持ってきてくれるおやっさん、ボートレースの場外売り場に集う町民たち、サテライトオフィスに出社してくるベンチャー企業の社員‥

 

土曜日から月曜日までの滞在でしたが、月曜日の朝が一番活気があったかもしれません。

 

イベントにたくさんの人が集まり、オシャレな外装のお店が立ち並ぶ。

もしもそのような外面的な部分だけを評価して成功事例というのであれば、そこだけを切り取ってコピーしようとするならば、それは違うでしょう。

 

イベントも、デザインの流行りも、一過性のものです。もっとコアな部分の"ヒント"が、まだこの街には眠っている気がします。

 

(訪問日 2018年12月8日-10日)

名古屋の魔境、城北線

日本全国にはたくさんの鉄道路線があり、その中には「正直なんで走ってるのかな」と思わずにはいられない路線が存在するのも事実。

 

名古屋を走る東海交通事業城北線もその一つだと思います。

 

「え、そういうのって北海道のローカル線とかじゃないの???」

そういう人もいると思います。まあ見ていてください。

 

城北線の起点は春日井市にある勝川(かちがわ)駅。名古屋駅からは中央線で20分ほどです。

 

名古屋の、とかいう書き出しにしましたが春日井市でした。そんなん知らんわ。

 


f:id:musan_tr_gh:20180901092927j:image

サボテン日本一‥知らんわ‥

 

中央線の勝川駅とはなぜか少し離れていて、外を歩かされます。生憎の雨だったので結構しんどいです。


f:id:musan_tr_gh:20180901093228j:image

あと100mくらい高架線を延ばしてくれたらもうちょい何とかなったと思うんですよ。そういうとこだよ。嫌いじゃない。

 

時刻表を調べないで行ったんですよ。まあ名古屋だし、ゆうてもそこそこの本数あるんでしょ?と思いまして。

 


f:id:musan_tr_gh:20180901093451j:image

着いたのは8:59。

次は35分後?1時間に一本???

やられました(笑)

 

気長に待ちましょう。

 


f:id:musan_tr_gh:20180901100559j:image

この駅名標を見て、勘の良い人なら気付くと思いますが、東海交通事業JR東海の子会社です。

だからこそこのギャップが尚更すごいですね。

 

20分ほど待って、やっと列車がやってきました。


f:id:musan_tr_gh:20180901104911j:image

1両編成のディーゼルカー

ここは名古屋の近郊だぞ?後ろに通ってるのは名古屋高速だぞ??ここは三重県の山奥じゃないんだぞ???(失礼)

 

ここから、名古屋駅から東海道線で一駅のところにある枇杷島駅まで、20分ほど揺られます。

散々ディスりましたが、なんだかんだ良いですよね。このロケーションで1両編成の列車なんて乗れないし。

 

でもね、

一言だけ言わせてください。

 

旅情がない!!!

 

ここが田舎なら良いんですよまだ。

20分間のほとんどが、右手に名古屋高速、左手に住宅街という風景が延々と続きます。

 

果たしてこの路線、物好き意外のどこに需要があるのでしょうか(笑)

乗ってみてますます不思議になりました。

 

終点の枇杷島駅は、東海道線の駅に間借りした感じのこぢんまりとした駅。

城北線には切符がないのに最終的にJRの改札から出る必要があるので、降車証明書なるものをもらいます。


f:id:musan_tr_gh:20180901110255j:image

 

こういうものはなかなか貰う機会がないので、ちょっとテンションが上がりました(笑)すぐ回収されたけど。

 

ちなみに勝川から枇杷島の運賃は440円。名古屋乗り換えのJR線だと320円で行けるのにねぇ‥

徹頭徹尾、謎の路線です。

桃花台新交通みたいに、あっさり廃止にならないでね。

 

(訪問日:2018年9月1日(土))

【東京のブルックリン】映えたいなら行こうよ、蔵前。

浅草の南側にある蔵前。

一大観光地として名高い浅草と比べれば知名度は低いですし、街の印象がパッと思い浮かぶ人は少ないと思います。上の世代の人たちであれば「かつて国技館があったところ」くらいでしょうか。

 

そんな蔵前、最近はビルをリノベーションしたオシャレなお店が徐々に目立ってきていて、個人的にも東京で一番ホットな街だと思っています。

まだまだ開拓しきれていませんが、ここのところ行ったお店もなかなか良いところだったので。

 

①RIBAYON(リバヨン)
f:id:musan_tr_gh:20180805215903j:image

隅田川を見下ろすテーブル席と、クッションに座るお家のような雰囲気と、なぜか鎮座する卓球台がトレードマークのお洒落なバー。

お酒の種類が多く迷っちゃいますが、僕はメニュー表の写真に惹きつけられるようにクラフトビールを。


f:id:musan_tr_gh:20180805220953j:image

ビールなのにこんなグラスで出てきて、後ろは隅田川で、本当はその後ろにスカイツリーが見えてて(全部入れ込んだ構図の写真は見栄えが悪くて却下w)、なかなか良いところでした。

 

ちなみにこのお店の入居するビルは各フロアともリノベーション物件のようでした。やや年季の入ってそうな廊下を通って、雑居ビル感満載の重たい扉を開けた先にあるオシャレな空間、とてもオススメです。

 

②h concept (アッシュコンセプト)
f:id:musan_tr_gh:20180805221946j:image

アッシュコンセプトというのは正確にはここの商品を作る会社?だったと思いますが(そこら辺の情報が雑)、とにかくまあここの雰囲気が好きだし扱っている商品が個性的でとても興味深いです。

 

基本的にはキッチン用品とかの生活雑貨を売っているようなお店です。

なかでも印象に残ったのが、シュールなクッズの数々。


f:id:musan_tr_gh:20180805222801j:image

 

これは、カップ麺のフタを押さえることだけに特化したもの。

あと写真を撮り忘れましたが、顔をモチーフにしたむにむに触感の何か(雑)がありました。

まあ、気になったら直接見に行けば良いと思いますよ(雑)


f:id:musan_tr_gh:20180805222825j:image

ちょっとだけカフェスペースも併設しています。いちいちオシャレだなぁ。

 

その他にも、カフェの燕(en)とか、ダンデライオンチョコレートファクトリーとか、まだ足を運んでいないお店もあるので、ちょっとずつ進出できればと思っております。一緒に開拓してくれる人は常に大歓迎ですよ(心の声)

 

(訪問日:2018年7月21日(土)&8月4日(土))

【曳舟→亀戸】そば食べて、亀戸線にも乗らなくちゃ。

台風の予報でしたが、なんとなく気になっていたそば屋さんへ行ってみました。

 

東武線の曳舟駅の構内にある「すたんど そば助」さん。

鶏だしをメインにしているお店です。なかなか珍しいと思います。

f:id:musan_tr_gh:20180728145233j:image

味はあっさりとしていて、上に乗っている鶏肉がとても美味しかったです。

そのままでも十分美味しいのですが、「正しい食し方」があるみたいです。

f:id:musan_tr_gh:20180728145536j:image

あっさり味を楽しんでいるところに唐辛子ってどうなの?とも思いましたがやってみました。

かなり味が変わりますが、こっちも美味しいです。

f:id:musan_tr_gh:20180728145751j:image

「ちょい飯」も追加発注。

汁の色が全然違うでしょう。これが激辛ごま唐辛子の影響です。

 

総じて美味しかったです。

これだけ個性的な駅そばのお店もなかなかないのでは。

他の駅にもあるみたいです。

 

さて、このそば助さんは駅構内のお店です。

そばを食べるために入場券‥というのもアレなので、このまま電車に乗り込みます。

f:id:musan_tr_gh:20180728150452j:image

東武亀戸線

都心にありながら2両編成の列車が行き来するだけの質素な路線です。

 

というわけで、亀戸までやってきました。

f:id:musan_tr_gh:20180728150830j:image

めったに降り立たない駅。駅前の風景もなかなかディープです。なんか、典型的な地方都市にいるような店舗ラインナップでした。

駅前のアトレの建物も、ずいぶん年季入ってるなぁ。

 

今日の行き先に亀戸を選んだ理由が「はせがわ酒店」さん。

 

f:id:musan_tr_gh:20180728151236j:image

都内にいくつか店舗があるもののこちらが本店とのことで、亀戸散歩も兼ねて寄ってみました。

日本酒売り場は温度2℃とのこと。めちゃくちゃ寒い!数分いたら足先がだいぶ冷えました(笑)

 

台風が近づいてきちゃったので今日はここらへんで。

 

(訪問日:2018年7月28日(土))

多摩ニュータウンの"はじまり"を歩く②名店街・諏訪団地

前回に引き続き、多摩ニュータウン探訪です。  

musan-tr-gh.hatenablog.com

 

永山地区を歩き終え、丘を下ってきました。もう一度丘を上がっていくと、いよいよ諏訪地区。その期待に応えてくれるかのように(?)、良さげな看板が立っているじゃないですか。

f:id:musan_tr_gh:20180528144843j:image

名店街、つまり団地の中の商店街ですね。すっかり寂れてる印象がありますが、実際どうなのでしょうか。早速行ってみましょう。

 

f:id:musan_tr_gh:20180528145202j:image

f:id:musan_tr_gh:20180528145229j:image

f:id:musan_tr_gh:20180528145328j:image

期待を裏切らない古さと寂れ具合(笑)

 

再度言いますが訪れたのは平日の昼過ぎです。つまり、高齢者が一番出歩いてそうな時間帯なので、こうした団地の商店街ならもうちょい活気があるだろうと思ってたわけです。

 

その時間帯でこれですから、そりゃ心配にもなりますよねぇ…こりゃ想像以上だな、という感じです。

 

道を挟んで反対側、永山団地の南側にも名店街的なものがあるようなので、ついでにこちらにも行ってみましょう。

 

f:id:musan_tr_gh:20180530082650j:image

f:id:musan_tr_gh:20180530082723j:image

いかにもって感じですね。

諏訪側と違ってこちらにはグルメシティが入居しているので、多少活気があります。しかし多少です。基本的には、デイサービス系か、高齢女性向きの衣料品店が立ち並んでいて、こちらもいかにもという感じです。

 

哀愁溢れる名店街の中で、さらに哀愁漂うアイテムを見つけました。

f:id:musan_tr_gh:20180530083220j:image

東京ヴェルディ1969

もはや下の方とかボロボロになってますが、それも無理はないでしょう。1969をチーム名に冠していたのは2007年シーズンまでのようです。

 

この日は新宿から京王線に乗って永山まで来ましたが、京王線の車内ではFC東京の試合映像が流れていました。東京全体を見てもやはりFC東京の方が今では圧倒的に優勢ですよね。

 

そんな、驕れる者久しからず的なヴェルディ多摩ニュータウン、ちょっと重なる気がしますね。川崎から移ってこの地がホームタウンとなったのものもはや必然だったのかもしれません。

 

f:id:musan_tr_gh:20180530192852j:image

後ろ向きな話ばかりしてても仕方ないですね。

新緑の季節ということで、なんだかんだ綺麗な街並みでした。

 

諏訪地区に戻って少し外れの方まできました。

f:id:musan_tr_gh:20180530193056j:image

なんとなんと、この土地でもまだ新築マンションの計画ときた。ちょっと驚きでした。大丈夫なのだろうか。

 

とはいえ、同じ諏訪地区にはマンションブランドbrilliaが建ってますし、そういった意味では多少の新陳代謝はあるのかもしれません。

f:id:musan_tr_gh:20180530193407j:image

 

振り返ってみれば、団地内には保育所もそれなりにあるように感じました。子育てという観点から、団地も少し見直されてるのかもしれません。

 

一昨年くらいに足を運んだ高島平団地もそんな感じだった記憶があります。建物が多少古いとはいえ最近はリノベ物件も目立ち、価格も新築マンションと比べればリーズナブルということも、親子連れを呼び込む要因かもしれませんね。

 

まあ数時間歩いたくらいじゃそこら辺のことはよく分かりません。とはいえ、希望と絶望がいい感じに混ざり合った街と言えるのではないでしょうか(?)

 

(訪問日:2018年5月15日(火))